fcb.portal.reset.password

バルサのクラック、ロナウジーニョは、数週間前から、FCバルセロナの親善大使として努めているが、現在は、ニューオーリアンズにいる。週末から三日間に渡って行われるイベントで、MBAのベストプレーヤーとともに クラブの顔となるためだ。

1年目と2年目の選手がU.S.チームとワールドチームに分かれて激突するBBVAコンパスライジングステアチャレンジにも参加した。この試合には、元バルサプレーヤーのアレックス・アブリネスも参戦している。

土曜日にロナウジーニョは、日曜日に行われる東西コンフェレンス対決でプレーする大半の選手と会う機会を得た。

ロナウジーニョは、ゴールデンステート・ウォリアーズのステファン・カリー、ケビン・ドゥラント、クレイ・トンプソンやヒューストンロケッツのジェイムス・ハーデン、ニューオーリアンズペリカンズのアンソニー・デイビス、クリーブラインド・キャバリアーズのレブロン・ジェイムスなどを含む多くの選手とともに、バルサのユニフォームを着て、紹介された。

サッカーとの出会い

この日の最も心温まる瞬間の一つは、元バルサの選手、マルク・ガソルとロナウジーニョがハグを交わし合った瞬間だった。トレーニングセッションの後、ロナウジーニョは、ミルウォーキー・バックスのヤニス・アデトクンボにユニフォームを与え、ギリシャ人選手も躊躇することなく、自身のトレーニングウエアを代わりに差し出した。がソル、アデトクンボとも、ロナウジーニョとの出会いに見られるように、熱烈なサッカーファンでもあるのだ。

クラブ大使は、週末にクロージングを迎えるオールスターのゲームを楽しむことになる。また、この後、それぞれのチームは、プレーオフの終盤に向けて参戦していくことになる。

アメリカから中国へ

バルサ大使としてのニューオーリアンズでの任務を終えた後、ロナウジーニョは、ジョセップ・マリア・バルトメウ会長に付き添い、中国の海口市に向かい、ミッション・ヒルズとのサインを行なう。この合意には、千人もの男女の子供をアテンドできるキャパシティのある7つものグラウンドが設備されたバルサスクール(FCBEscola)、ミュージアムメガショップが含まれている。

上に戻る