fcb.portal.reset.password

グアルディオラとともに当時チームで最年少選手だったリチャード・ビチュへはその能力の高さとチームメイトとの連携の良さで際立っていた。オランダ出身選手はサンプドリアとの決勝に出られなかった教訓について話したほか、試合終了9分前のクーマンのシュートで得た喜びを語った。さらに自身がFCバルセロナで過ごした2シーズン(1991−93)を振り返り、アスルグラナ選手として最も重要なシーンを振り返っている。

上に戻る