fcb.portal.reset.password

ヨハン・クライフの息子、ジョルディ・クライフ が昨日、10日に「ヨハン・クライフ14 自伝」を発表した。書いたのは、オランダ人記者ジャアプ・デ・グロウトによって書かれ、バルサTVのインタビューにて、ジョルディ・クライフは、「ヨハンは本の中で彼が与えたかったメッセージを完璧に伝えている」と説明し、また、父親のヨハンについて、「天才だと言われるまで、最初はおかしいと考えられていた」ことをバルサTVのインタビューの中で明かした。いわく「彼はいつも流れに逆らっていたが、それをできるのは天才だけだ」と表現した。

天才であるためには、その狂気をポジティブで良いものに変えなければならない。彼にはそれができた。だからこそ、勝つことができたんだ

また、ヨハン・クライフにとって、「ちょっとした小さなことが彼の人生にとっては、最も大事なことだった。それはサッカーも同じだ」と話し、父親は「ロマンチストで理想主義だった」と話した。

 インタビュー詳細は、ビデオをご覧下さい。

上に戻る