fcb.portal.reset.password

パウ・ガソル、マルク・ガソルのガソル兄弟がFCバルセロナと関わりを持っていたことが、アメリカのCBSで火曜日に放映されるスペシャルインタビューのコンテンツの目玉となった。ガソル兄弟は、NBAの最高峰の選手であり、この著名で最も視聴率の高いアメリカの番組の一つ、60 Minutes でバルサの育成時代を振り返る。

CBSのパウ、マルク・ガソル兄弟のインタビューは、彼らがその足跡を残したカンプノウの施設で行なわれた。ガソル兄弟をインタビューしたのは、 CBS のイブニングニュースを担当しているプレゼンテーター、ジム・アクセロッドであり、CBSの通信員として、全米で最も知られている一人だ。

7フィート(2,13m)のガソル兄弟の兄、パウは、1998年から2001年までバルサに在籍し、その後、NBAのロスアンジェルスレイカーズでタイトルを二度、獲得している。2002年にNBAルーキーとして新人賞をとっただけでなく、その後、メンフィスに移籍し、NBAで過ごした最初の7シーズン中6回、オールスターズに選出された。常に得点をリードしてきた36歳のセンターは、最近2シーズンをシカゴ・ブルズで過ごし、今季、サン・アントニオ・スパーズに移籍を決めた。

一方、7,1フィート(2,16m)のセンターは、グリズニーズでプレーし続けている。2007年NBAドラフトにて、セカンドラウンドでレイカーズにドラフトされたマルクは、兄のパウをロス・アンジェルスレイカーズに送る際のトレードとして、メンフィスに送られた。後にも先にも、兄弟のトレードはNBA史上、この一度きりだ。現在、31歳のマルクは、二度、オールスターに選出されており、2013年にはその年のNBAディフェンダーに選ばれた。

だが、二人にとって最大の瞬間が訪れたのは、2015年のオールスターだった。同じオールスターの第一ピリオドの開始時に、二人は揃って、ティップオフを行なったのだった。

この番組、 60 munutesがFCバルセロナを取り上げるのは、初めてではない。2013年、CBSの通信員、ボブ・サイモンは、バルサについてー特にサッカーに集中してー、アメリカのテレビ局としては初めてこのカタルーニャのクラブを取り上げている。

サイモンのルポのおかげで、FCバルセロナの標語−クラブ以上の存在—は、アメリカ市場でも、知られるようになり、クラブのグローバル化の例として取り上げられるようになった。その様子は、下記のFCバルセロナの公式チャンネルから、視聴できる。

上に戻る