fcb.portal.reset.password

ヨハン・クライフスタジアム予想図

ヨハン・クライフスタジアム予定図

エスパイ・バルサの最初の礎となる青写真が発表された。FCバルセロナのクラブを象徴する場所で将来のバルサを担う選手たちが、若手育成を積極的に進めたクライフの名前がつけられるヨハン・クライフ・スタジアムは、現代的な効率的な設計であり、6千人もの観客が収容でき、どの席からも視界が良く屋根がつけられているスタジアムとなる。,このバトル・イ・ロッシュの建築提案は、2015年のコンクールにより選ばれた。アシンメトリーで1000人が収容できる高いトリビューン席が設けられ、その下のメインスタンドには、5000人が収容できる。インドゥストリア通りにあった頃の昔のカンプノウを彷彿とさせる容貌だ。

メインスタンドは360度で、観客は全てを包み込むような形になっており、強い一体感を与える。また、円形のコーナーは 観客と選手の距離を近づけ、寄り添っている感覚がより、高められることになる。

6.000席へのアクセスは、到着から、中の席に着くまでスムーズにできるよう、従来通りの設計になっている。中の設備は、バルサカラーの青とエンジが貴重になっている。

また、スタジアムはサン・ジョアン・デスピとシウダ・デポルティーバに取り込まれ、大きな広場のある斜面を経由して、観客は、それぞれのコーナー四箇所にある扉からスタジアムに容易にアクセスできる。また、700台収容できる駐車場もある。

接続性とエネルギー効率、アクセスを基準に車椅子用及び介護者用の62席が全スタジアム周りに設置される。

ヨハン・クライフスタジアムは、高速道路からよく見えることになるため、ディアゴナルからバルセロナへの入り口で際立つことになるだろう。施設は、カンプノウからたった 8,5キロのところに作られ、バルセロナ及び周囲のバイシュ・ジョブレガット周辺から、B-23道路、あるいは公共交通機関を通して、アクセスできる。現在のミニエスタディは、新パラウ・ブラウグラナ建設のために立ち壊されることになる。

写真ギャラリーからもチェック!
上に戻る