fcb.portal.reset.password

ムルタサ・アマディくんは、選手トンネルの中から、レオ・メッシのi腕を握って話すことがなかった。プレゼントに貰ったバルサとアルゼンチン代表ユニフォームを手に一緒に写真を取るだけではあきたらず、ピッチに立ってからも、彼と離れようとはしなかった。バルサの  ’10’ 番は、ムルタサくんだけでなく、グラスゴーでのバルサファンにとっても、大きな存在だった。セルティック・パークで勝利を収めた後、二人の幼いファンがトップチームの見送りにやってきた。その少年らにルイス・エンリケの率いる選手は、写真撮影に応じたり、サインをしたり、と優しく対応したのだった。 

また、1年、FCバルセロナは、多くの社会貢献への取り組みを行なってきた。それはトップチームの選手も例外ではなく、ルイス・スアレスが、フェニルケトン尿症に苦しむマレーシアのカンデラちゃんの願いを聞き届けたこともニュースになった。「僕はPKU(フェニルケトン尿症)を支援します」と描かれたシャツをスポルティング戦の前に着て応援を表明したスアレスは、FCバルセロナの「クラブ以上の存在」のモットーがここにあることを改めて、知らしめたのだった。

上に戻る