fcb.portal.reset.password

バルサは、シャペコエンセに対する変わらぬ支援を捧げ続けている。コロンビアでの飛行機事故により、選手及びコーチスタッフの殆どを失ったブラジルのチーム、シャペコエンセに、 FCバルセロナの選手全員のサインが入ったユニフォームを捧げた。とりわけ、ブラジル人選手のネイマールJrが代表して、それを捧げた。

マルカ紙によって行われたプロモーションアクションで、FC バルセロナは、他の1部のチームと共にユニフォームを提供した。シャペコエンセは、近くに創設予定のミュージアムに、この全てのユニフォームを展示する予定にしている。

この選手のアクションにより、FCバルセロナは、クラブは、すでに行なっているシャペコエンセへの支援を改めて、表明した。バルサは、2017年のジョアン・ガンペルトロフィーにシャペコエンセを招待している他、カンプノウで行われたクラシコの試合前にも、シャペコエンセの犠牲者追悼の意を表している。バルサは、このスポーツクラブが再び、以前のレベルを取り戻せるように支援を行なっていく旨を表明している。

上に戻る