fcb.portal.reset.password

最後のクラブイベントの一つに参加したヨハン・クライフ / VÍCTOR SALGADO - FCB

ヨハン・クライフ が68歳で3月24日木曜日にこの世を去った。FCバルセロナ史上、そしてサッカー史上における偉大な伝説であるオランダ人は、数ヶ月に渡る癌との戦いの末、私達を残して去った。

クライフとバルサとの縁は、1973年8月に始まった。その日、アヤックスからやってきた選手が、その数年後に世界最高の選手となった。バルサと共に、タイトルを制覇し始め、その功績が広くに知られた。バルサでの最初のシーズンにリーグ優勝を手にして、二年目、三年目にバロンドールが与えられた。そのインテリジェンスあふれるプレーとすばらしいテクニック、リーダーシップで他と一線を画し、バルセロニズムのアイコンとなった。

バルサファンの脳裏には、未だにアトレティコ・デ・マドリードを相手に決めたアクロバティックなゴールや、1974年2月にサンティアゴ・ベルナベウで決めた0-5の勝利などが、未だに浮かぶことだろう。1978年のシーズンに国王杯を制覇した後、クライフはバルサを去った。

クライフがバルサに戻ってくるまで、10年間かかった。クライフは、監督として戻ってきた。バルサのベンチに8シーズン、座り、現在まで、クラブ史上において、最高のバルサを率いた。4回のリーグ優勝以外に、多くのタイトルの中でも、バルサにとって初の欧州杯を1992年5月にウェンブレイでもたらした。当時の伝説的チームは、「ドリームチーム」と名付けられ、その素晴らしいサッカーで世界中を魅了した。 

1996年、バルサのベンチを去り、 1999年には、欧州における今世紀のベストプレーヤーに選ばれた。FCバルセロナのクラブレベル以上にそのつながりは深く、カタルーニャにも非常に深く関わった。2006年9月、カタルーニャ州政府は、ラ・クルス・デ・サン・ホルヘを捧げ、その貢献を表した他、その後、カタルーニャ州選抜の代表監督も務めた。

上に戻る