fcb.portal.reset.password

#PrayforParis (WEB)

FCバルセロナは社会とのつながりの意思を示し、金曜夜にパリであったテロ事件の被害者の冥福を祈る意思を示す。会長ジョセップ・マリア・バルトメウを筆頭とするクラブはもちろんバルサのプロスポーツ部門の各メンバーがそれぞれのソーシャルサイトを通して支援の姿勢をみせている。

クラブの筆頭副会長、ジョルディ・カルドネルはカタルーニャの中心地、プラサ・サン・ジャウマで行われたカタルーニャ自治政府とバルセロナ市役所主催の1分間の黙祷行事に参加した。

今日土曜日には半旗を揚げるほか、クラブ施設で行われるすべての行事で1分間の黙祷が行われる。

上に戻る