fcb.portal.reset.password

 

FCバルセロナは、歴史的に互助の精神、社会貢献の意識を持ち、とりわけ、薄幸な子ども達に対しては、積極的に動いてきた。 現在、第二次世界大戦以降、最悪の状況を迎えている難民問題を抱えているヨーロッパだが、ジョルディ・カルドネル副会長は、今週の金曜日、ヨーロッパへやってきた難民救済に乗り出すための ‘Tant se val d’on venim’キャンペーンを発表した。カタルーニャ政府によれば、カタルーニャは、2、3ヶ月以内に3000人以上の難民を受け入れることになる見込みだ。

このキャンペーンは、赤十字と協力して行なわれる。キャンペーンは今週の日曜日、20日のリーグ戦レバンテとの対戦から行なわれ、来年の1月まで続けられる。

FCバルセロナは、チームを応援する社会層全員(ソシオ、ファン、ペニャなど)及びスポーツ関係者(選手、プロチーム、コーチ陣)、経済エイジェンシー(スポンサー、関係者)に、このキャンペーンに参加し、赤十字への寄付を行なうよう、呼びかける。

この寄付は、FCバルセロナの公式サイト(www.fcbarcelona.com/fcbrefugees)から、オンラインで直接、寄付することができる。登録を行ない、クレジットカード或いは銀行送金を洗濯して、寄付が行なえる。

また、スタジアム内に設置された募金箱からも、寄付を行なうことができる。募金箱は、ショップ、オフィス、アイスリンク、財団邦人、ミュージアム等に設置されている。

寄付金を行なったという証明書が必要な場合は、財団法人宛にメールで依頼することができる。メール宛先は、 fundació@fcbarcelona.cat.

 


上に戻る