fcb.portal.reset.password

難民を救済するキャンペーンを行なうバルサ

10月が終わり、新たな目標を掲げた11月がスタートしたが、ここまで足跡を振り返るのも大切だ。10月に起きた数々の出来事を、ビデオでまとめてチェック!

トップチームのアニバーサリー

10月の間、バルサのトップチームには、数々のアニバーサリーがあった。トップはネイマールJrが、セビージャにて、バルサの公式試合百試合目を迎えたことだ。ネイマールは、クラブの特別インタビューでそれを振り返った。

その数日後、10月16日は、レオ・メッシがバルサでデビューしてから11年目を迎えた。

スアレスデビュー戦から1年目を迎えた後、エイバルを前にハットトリックをあげ、アンドレス・イニエスタは、バルサの公式戦デビューから13年目を迎えた。

他セクションでの成功

また、十月はバスケットはタイトルを手にスタートした。シャビ・パスクアルの率いるチームは、マラガにて欧州スーパー杯を制し(62-80)、その試合で、パウ・リバスがMVPに選ばれた。

一方、ハンドボールも歴史的勝利を手にした。シウダ・エンカンタダを34-21 で下したバルサは、アソバルリーグの68連勝記録を破った。

バスケット、ハンドボール、フットサル、ホッケー更に、バルサ女子が難民救済のキャンペーンに加わった。

ソシオの総会

24日にカタルーニャ議会場にて、FCバルセロナの総会が行なわれ、ジョセップ・マリア・バルトメウ会長が、現在、最高の状態にあるバルセロナについてスピーチし、また、その中で、ソシオの表現の自由についても、言及した。その数日前、経済エリア副会長スサナ・モンヘが、クラブの昨季の経済状態についても詳細を発表した。

 ‘made in’ (メイド・イン)マシアのスーパーゴール

ユースカテゴリーの試合は、毎週、見事なゴールを見せてくれるが、特にアレビン Aがコルネジャを相手に決めた再度からの個人プレーは、注目に値する見事な決定力を見せつけるものとなった。 

上に戻る