fcb.portal.reset.password

難民救済キャンペーンの撮影に協力するルイス・エンリケ/ FCB

9月は終わり、FCバルセロナは、再び、多くの期待を持ってシーズンをスタートした。9月のハイライトシーンをまとめて、ここにお送りする。

チャンピオンズで幕開け

9月中、 FCバルセロナ は、チャンピオンズリーグのタイトルを再び、獲得するという目標を手にスタートした。この目標を達成できたクラブは、いまだかつてない。デビュー戦は、ローマとの戦いだった。その様子と昨季の様子を合わせてビデオでお楽しみください。 


この試合で レオ・メッシはスタメン出場し、チャンピオンズにおける出場100試合目を迎えた。これは、をの大会での最高の瞬間を集めたミュージックビデオだ。

その2週間後は、カンプノウでのチャンピオンズデビュー戦となった。バイエルン・レバークーゼンが対戦相手であり、先制された試合は、最終的に逆転勝利に終わった(2-1)。また、バルサのフベニルAが、ユースリーグでプレーした様子も、特選映像でお楽しみください。

#ÁnimosRafinha

FCバルセロナの選手mラファ・アルカンタラ、ラフィーニャがローマ戦で重い負傷を負い、右足の十字靭帯を痛めたことをクラブのメディカルサービスが確認し、そのため、手術を受けなければならなくなった。チームメートは、ラフィーニャに励ましのことばを送るべく、セルタとの試合でのピッチ場で、エールを送るメッセージを伝えるTシャツー 'muito Fuerza Rafinha'ーを身につけた。

バルサ、難民救済へ

FC バルセロナ は、常に社会における互助精神を忘れない歴史に忠実、第二次世界大戦以降、最悪という現況に立ち向かうべく、欧州で問題となっている難民救済のキャンペーン、 'Tant se val d¡on venim' を行なうことを発表した。これは、財団法人が行なうもので、そのキャンペーンには、ルイス・エンリケ、イニエスタ、メッシ、ネイマールJr、ピケ、セルヒオなどが協力している。

スポーツセクションでの最初のタイトル

FC バルセロナ のプロセクションも公式戦をスタートし、早速、タイトル数を増やした。ハンドボールのスーパーカップ、 Supercopa Asobal、 フットサルのカタルーニャカップ、Copa Catalunya、バスケットのカタルーニャリーグ優勝 等が、バルサ史に新たに加わった。サラゴサでは、ハンドボールが、グラノジェスを決勝で破った後、初めてチャンピオンズカップを持ち上げることとなった。 (26-23)


その二日後、FC バルセロナ・ラサのフットサルが、 Catgas Energía Santa Coloma を破った。 (2-4)


また、バスケットセクションも、モラバンク・アンドラから、逆転をもぎ取り、良いスタートを切った。  (65-68)

カタルーニャ・ナショナル・デー

先月9月11日、クラブのジョセップ・マリア・バルトメウ会長が、スポーツクラブを代表して、カタルーニャのこの記念日に献花を行なった。 

上に戻る