fcb.portal.reset.password

Leo Messi. UNICEF

バルサ財団とユニセフ、NGO組織のリーチ・アウト・トゥ・アジア(ROTA)がニューヨークのユニセフ本部で「1in11」のキャンペーンを発表した。

全世界で6億5000万人の子供がいるが、うち5800万人が学校に行っていない。つまり11人に1人の割合になる。大部分が紛争地帯や貧困地域、身体障害者や他の文明との接触がないところで生活している子供となっている。さらにスポーツプログラムのある学校は存在しない。

「1in11」キャンペーンはwww.1in11.orgのウェブ上で個人寄付を募ることから発足、2月12日にはロンドンの会社がキャンペーンに関係した芸術品の競売を行う。

FCバルセロナ選手でありユニセフの大使をつとめているレオ・メッシとテニス選手のセレーナ・ウィリアムスがこのプロジェクトのイメージキャラクターを務める。

「1in11」キャンペーンの収益金はバングラディシュ、インドネシア、ネパールに寄付される予定となっている。

レオ・メッシはキャンペーンのオフィシャルビデオの中で11回のボールタッチの挑戦を勧めている。

レオ・メッシは「僕は1in11キャンペーンを応援している。だって子供たちは一人一人が能力を伸ばし夢に向かって行く権利があると思うから。そのために教育は基礎になるもの。だけど何百という子供たちが学校に行けていない。スポーツを通して尊敬の心や仲間と協力すること、努力することを学ぶことができると思うし、学校へ行くことで人生に必要な教育を得ることができる」とスピーチした。


Leo Messi, image of the 1 in 11 campaign; per fcbarcelona
上に戻る