fcb.portal.reset.password

Rossich, Messi i Vegas, durant l'acord amb Gillette. FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

メッシが世界大使を務めているブランド、ジレットが、今後、3年間、2017年まで、ラテンアメリカにおけるFCバルセロナのオフィシャルスポンサーとなることが決まった。

カンプノウでその記者会見が行われ、世界大使のリオネル・メッシほか、FCバルセロナのアントニ・ロシッチジェネラルディレクター及びラテンアメリカのジレットマネージャー、アレクサンドラ・べガスが出席した。

この契約の中には、バルサスクール(FCBEscola)のサッカークリニックなども含まれている。両者の共通点は、「正確性」だ。サッカーとジレットの共通項、「正確性」をテーマにしたビデオも発表された。

FC バルセロナは、ラテンアメリカに約7千万人ものファンがいる。中国につぐ市場の大きさであり、メキシコには、2400万人のファンが、ブラジルには 2000万人のファンがいる。

ジレット、高い正確さのテクノロジー

110年以上の歴史を持つ ジレット は、世界中の男性にその正確さのテクノロジーを届けてきた。カミソリ以外にも、肌を守るためのカミソリ前のシェービング、アフターシェーブ、デオドラント、ボディソープなど、数々の製品を提供している。クリスティアーノ(ロナウド)と競争するつもりはない。僕は自分の仕事をこなすだけだし、誰とも競争したくない。タイトルが欲しいだけだ。

 FCバルセロナのアントニ・ロシッチジェネラルディレクター及びラテンアメリカのジレットマネージャー、アレクサンドラ・べガスがコメントしている記者会見の様子は、下記のビデオから参照できる。また、メッシは記者会見でメディアからの質問に答えて、「契約更新はあっという間だった。僕の側に更新することに全く問題はなかった」「スペインリーグでの最多ゴール記録のことは、考えていない。でも、その記録に達することができればそれは特別なことだ」「ルイス・エンリケはピッチ上で多くの自由を与えてくれた」「クリスティアーノ(ロナウド)と競争するつもりはない。僕は自分の仕事をこなすだけだし、誰とも競争したくない。タイトルが欲しいだけだ」などと心中を明かした。


上に戻る