fcb.portal.reset.password

FCバルセロナはスポーツ機関への敬意を示しつつも今日スポーツ仲裁裁判所(TAS)が未成年のサッカー選手の国際移籍についてノルマを無視したとし、て以前にFIFAが出していた処分を支持する形の決定を下したことに関し、意見の相違があることを表明する。

クラブはFIFAの規律委員会と上告委員会さらにTASに示した通り、未成年と彼らの成長と発展を守っていく、という考えに同意・支持している。クラブはその歴史で示してきた通り、若い選手たちの歩みと学習また人間形成という面で世界的な模範となって来た。FCバルセロナの育成部門の機構は何百という若いサッカー選手たちに夢を叶え、人間として成長させてきた。クラブが犯したと言わなければならないような過ち、そう認識されたものがあるとすれば、それはFIFAの規定とスペインの法律の間で存在している解釈の違いによる軋轢から生まれているものが大部分を占めており、クラブとしては正当な形で対応してきたと言える。いずれにしろFCバルセロナは処分がバランスを欠いたものだと認識している。クラブの成り立ちとこの件に関する状況を考慮すれば不均衡な罰になる。この点でTASのすべての法的手続きが終了した時点で、クラブは調査を続け、スイスの連邦裁判所など別の合法的手続きを検討する。

上に戻る