fcb.portal.reset.password

ゴールを祝う3人 / MIGUEL RUIZ-FCB

アメリカの権威ある雑誌 Forbes (フォーブス)は、ビジネス及び経済の専門誌だが、サッカー界の経済状況現況を分析した結果、FCバルセロナがその価値を31億6300万ドルと評価され、レアルマドリードとは、最近5年間の中では、最も差を縮め、1億の差に迫った。

この5年間でバルサは、そのランキングの座を5位から2位へと縮めた。また、最近、3年間の数字では、FCバルセロナはその価値を 21,5%伸ばし、一方、レアルマドリードは、 1,5%.減らしている。

2013/14年のバルサの収益は5億3千万と史上最高値を得て、純益が4100万ユーロに登った。そのおかげで、最近、4年間で夫妻を1億4300万減らしている。

FCバルセロナの烔益の上昇ぶりは、ここ5年間のトップを走っているチームとの差からもみてとることができ、  2010年の差は、8億3500万、 2011年には, 8億8900万、2012年が9億2千万、2013年、7億、2014年、2億4千万、そして今年はたったの 1億と迫っている。

また、フォーブスは、FCバルセロナが今後、数年に渡り、その価値を上昇させるだろうとまとめている。ユニフォームの契約更新、スポンサー、クラブの全施設における野心的なエスパイ・バルサプロジェクトなどにより、年収益があがると見込まれている。

FCバルセロナに続くのは、 31億4千万のマンチェスターユナイテッド、23億4700万のバイエルン・ミュンヘン、13億7500万のシティ、 13億700万のチェルシー、13億7百万のアーセナル、 9億8200万のリバプール、 8億3700万のユベントス、 7億7500万 のミランだ。.

FC バルセロナ経済副会長ハビエル・ファウスコメント:

「二位で確固たる位置を築くことができたことに、大きな満足を覚えている。私達のクラブは成長しており、更にその成長を続けていくことだろう。サッカー界に入りつつある新たな富と神経剤により、プレミアムリーグと競合する時代になっている」

「クラブは、ソシオの持ち物であるという条件とコンビネーションを組んでやってきた最近10年の結果が出た形であり、チームワークによる成功だ」

上に戻る