fcb.portal.reset.password

murakami.1in11

FCバルセロナの選手、レオ・メッシセレナ・ウイリアムスを大使に、FCバルセロナ財団、ユニセフ、 NGOのReach Out To Asia(ROTA)が先導して行なっているキャンペーン '1 in 11'は、SNSでも大きな注目を浴びている。

これは、世界中の子供たち、6億5000万人中の5800万人、つまり、11人に1人が初等教育を受けられていない現実を知ってもらい、改善につなげようと、国連児童基金(ユニセフ)、FCバルセロナ財団、ROTAがイニシアティブをとり、「11人に1人」と題したキャンペーンを行なっているものだ。ビデオを通じて、レオ・メッシとセレナ・ウイリアムスが、「僕たちと一緒になろう」と協力を呼びかけている。

[[BOTOVERMELL::メッシとセレーナ++1in11のキャンペーンビデオ::http://dai.ly/x2ei0l0::HOR::::NO-TRACKING::::::]] 

メッシのビデオ視聴数1日半で約200万回

また、レオ・メッシ'keep ups' (ボールタッチ) を呼びかけるビデオは、Facebook上での 投稿から36時間余りで 135.000回のイイネ、 3.000ものコメントを得たほか、 7.000人ものユーザーがシェアし、その視聴回数は 1.964.848回にのぼった。また、 Twitterでは、ハッシュタグ '1 in 11' は、3.000回、使われた。


Leo Messi, imatge de la campanya '1 in 11' 投稿者 fcbarcelona

日本人アーティストも協力

今回のプロジェクトには、現代美術家の村上隆氏も協力している。村上氏は、今回のキャンペーンのロゴを製作した他、FCバルセロナの選手、リオネル・メッシ選手をモチーフにした作品を今回のために特別に制作し、提供した。作品はロンドンのサザビーで2月12日(木)に競売に掛けられ、収益はバングラデシュやインドネシア、ネパールの教育支援に充てられる。キャンペーンは、この競売とサイトwww.1in11.org を通して基金を募っている。村上隆氏が、「今回のチャリティは、スポーツとアートと子どものエデュケーションというすごいユニークなコラボレーションだったので、特別な思いでやらせて貰いました」などと話している様子は、下記のビデオから見られる。


1 in 11'キャンペーン 投稿者 fcbarcelona


上に戻る