fcb.portal.reset.password

Assemblea General Ordinària 2013 / FOTO: GERMÁN PARGA - FCB

2012/13年度末、2013/14年予算、 クラブ内規約の改革提案、この3点が投票権のあるソシオによって検証され、総会で多数からの賛同を受けて了承された。

投票前に サンドロ・ロセイ会長 は、前期の活動報告書を読み上げた。経済状況、カンプノウの将来、クラブの社会状況、タタ・マルティノの到着などがスピーチの議題として取り上げられた(PDFはカタルーニャ語)。

[+] サンドロ・ロセイ会長による報告書

2012/13年年度末 についての説明は、ハビエル・ファウス副会長が請け負い、3250万ユーロの経済利益があったことを報告した。また、中でもネイマールの獲得後、負債が3億3100万ユーロ、減少したことを強調した。

[+] 経理にゴーサイン

 ジェネラルディレクターの アントニ・ロシッチが、”現実的かつ厳格で慎重を期した”予算案を提出する役目を請け負った。予算が5億ユーロを超えるのは初めてであり、クラブは、今季、3570万ユーロの税金、収益5億850万ユーロ、経費4億5770万ユーロの支払い後、利益が残るとみられている。

+ 2013/14年予算

FCバルセロナの内規約の改革は、提案された内容が深いものであるため、更なる説明を要した。社会的、経済的にも影響が出るのは必須であり、この改革には 2/3以上が賛成する必要があったが、投票結果は、大多数が賛成に好意的というものになった。。

[+]FCバルセロナの内規約改革にイエス


上に戻る