fcb.portal.reset.password

FC バルセロナのエスクード

ネイマール・ダ・シルバ・サントスJrの移籍に関し、クラブにかけられた納税上の疑惑をめぐり、手続きが開始されたことについて、FCバルセロナの運営幹部は、昨日、オフィスで会議を開き、全員一致で下記の合意に達した。

1.- クラブは、選手の契約において納税義務に関する犯罪疑惑を否定するものである。クラブは、監査役から助言を受け、常に契約に関する書類について精通していたとするものである。

2.- 現在まで行なってきたとおり、この疑いを晴らすために裁判所へ最大限の協力を続けていく所存である。

3.- クラブとそのソシオ(会員)を守るために、刑事手続きについて明らかにし、クラブは常に法が許す中で全てを行なってきたと確信している。また、運営幹部はこの国を代表するクラブの名誉を守るために、必要な手立てをとり、最善を尽くす。

4.- Manifestar que el FC バルセロナは、常に税務上の義務を期間内に正しく果たし、かつ、税務管理に協力してきたことをここに明言するものである。FCバルセロナが、税務署への負債はない。

5.- 選手獲得に関して、クラブは、契約書にある通り、ビジネスを行ない、その税務上の義務を法規に従い、詳細まで遂行していることを改めてここに明言するものである。

6.- 当該契約の下での納税義務可能な範囲で解釈し、照らし合わせ、我々のクラブ名と名誉を守るために、FCバルセロナは、税務上、負債と考え得る状況を避けるため、今朝、自発的に補完決済を申し出た。その金額は、13.550.830,56ユーロ (1355万830ユーロ56センティモ)であり、ネイマール獲得のためにサインしたあらゆる契約書における可能な解釈をカバーするのが目的である。とはいえ、我々は、税務義務を当初から合法に遂行していると確信している。

7.- この自発的に、期間内に正しく提出さえrた租税債務の合法性を害することなく時間通りに提出されており、この自発的なレギュラリゼーションは、納税義務合法性を損なうことないと理解されるが、最終的な決定は管轄裁判所によって下されるためクラブはこの点についての詳細明示は留保するものである

本日、午後、運営幹部は、再び、例会を開き、この件に関して協議を続ける予定だ。


上に戻る