fcb.portal.reset.password

L'expedició blaugrana al costat de Mahmoud Abbas / FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

FC バルセロナは、パレスチナのバルサへの情熱を到着と共に肌で感じることになった。

バスを降りるやいなや、FCバルセロナのユニフォームを着た子供達を始めとするパレスチナの人々が、口ぐちに歓声を送った。中でも、選手を呼ぶ声、とりわけ、メッシへの歓声は群を抜いて目立った。

その後、選手は、イエズス・キリストが生まれたと言われるバジリカ・デ・ラ・ナビダッドへ向かい、教会の内部を見学した。

マフムード・アッバースの出迎え

また、その後、サンドロ・ロセイ会長とフロントは、自治政府に向かい、マフムード・アッバース自治大統領から、歓迎を受けた。パレスチナサッカー協会会長ジブリル・ジジョウブ氏が、「私達は、バルサの訪問に大きな敬意を払っています。和平の望みを達するために訪問してくれたことは、大きな第一歩です」とメディアの前で説明し、いつの日か、独立したパレスチナのスタジアムができることを祈っていると希望していることを伝えた。

また、サンドロ・ロセイ会長は「FCバルセロナがわずかでも、平和への一石を投じることができれば、助けに行きます」と答え、また、非常に多くのパレスチナの子供達がバルサのユニフォームを着ていたことについても、コメントした。

[[BOTOVERMELL::パレスチナ、バルサに熱狂++写真ギャラリーはこちらから::http://www.fcbarcelona.jp/club/detail/image_gallery/palestina-passion-with-barca::HOR::::NO-TRACKING::::::]]


上に戻る