fcb.portal.reset.password

[[DES_1]]今日の午後、新 エスパイ・バルサについて、担当責任者兼経済副会長のハビエル・ファウスから、説明が行われた。ハビエル・ファウスは、「ヨーロッパにおいて、最大のス ポーツプロジェクトになる。どんな企業も、どの市も、私達のプロジェクトに匹敵するプロジェクトを手にしているところはない」と説明した。世界中で最も重要なプロジェクトだ。

全プロセス(3シーズン半)を通して、選手はカンプノウをホームとしてプレーし続けていくことがkでいる。建築による影響を最小限にするために、工事は複数の段階とゾーンに分けられている。夏の間に内部が進められ、シーズン中に外壁の建築が進む予定で、工事の終了は2021年3月を予定している。

新しいエスパイ・バルサ・カンプノウは、キャパシティも 40.000 m2 から 104.000 m2に拡大するほか、全スペースが全天候型になる。

建築費用見積もりは、総計で約6億ユーロであり、その内訳はカンプノウに4億2千万、パラウ・ブラウグラナに9千万、設備に4千万、バルカダンエリアに3千万、ミニ・エスタディに2千万ユーロとなる。


ソシオも入手可能な情報提示

世界中のあらゆる市やペニャを通して情報が入手できるように、クラブは公式サイトを通して、情報をアップデートしていくほか、ソシオが参加し、意見を伝えることができるように、専用のメールアドレスを開設した。 referendum@fcbarcelona.cat

また、OAB (クラブの顧客サービスオフィス)でも、個人的な相談を受け付けるスペースを設ける。また、度々、会合を通して、担当ディレクターから、情報を開示していく予定にしている。


上に戻る