fcb.portal.reset.password

Antoni Ramallets en una imatge a casa seva / FOTO: ARXIU FCB

Rosell et Ramallets, au mois d'avril / Photo German Parga

FCバルセロナ及びサッカー史の中でも、最も優秀な伝説的GKの一人、アントニ・ラモジェッツ・シモンが逝去した。ラマジェッツは、1946年から1961年の間、バルサのユニフォームを着て、473回、参戦した。 「翼を持った猫」の異名をとり、当時、世界一のゴールキーパーと言われており、おそらく、超える者がいれば、ソビエトのレフ・ヤシンのみと考えられていた。

1924念7月1日にバルセロナに生まれた。エウロパ、サン・フェルナンド、マジョルカでプレーし、1946-47年にFCバルセロナにやってきた。デビュー戦は、グラシアの祝祭戦で、1946 念8月15日のエウロパーバルサ戦(1-3)だった。

栄光の時代の偉大なGK
非常に大げさで人目をひくジェスチャーが多く、チームメートに指示を出し続けるキーパーだったが、非常に優秀なキーパーであり、チームメートを誰よりも守る人間性にも優れた人物だった。そのエレガントでありながら、非常に強固な守備力が、代表にも召集され、35回、代表出場し、ブラジルで行われた1950年のキーパーとなった。そこで、「マラカナのネコ」、「ハンサムなGK」の名前も受けた。

最も栄光に満ちた時代は、1951/52年のシンコ・コパス  (リーグ、カップ戦、ラティーナ杯、エバ・ドゥアルテ、マルティニーロッシーニ)を収めた時であり、ラディスラオ・クバラを筆頭とする伝説的なクラブチームで成功を収めた。その翌年も成功を収め、その後、再び、エレニオ・エレイラの時代に再び、姿を現した (1958-60)

バルナの黒星で引退に

逆に最も運に恵まれなかったのは、ベルナでの欧州杯決勝 (1961)だった。バルサはベンフィカと対戦し、多くのチャンスを手にしながらも、3-2で負けを喫し、そのうち、1点はラマジェッツのオウンゴールだった。その翌年、ラマジェッツはスタメンの座を失い、引退を決めた。

1962年3月6日、ラマジェッツは37歳で別れを惜しむバルサファンのもとを去った。そのお別れの試合でバルサはハンブルグと対戦 (5-1)した。この最後の試合の日も、ラマジェッツは、いつものように、キーパーグローブを使わなかった。厚い彼の手には、GKグローブは必要なかった。

翼を持った猫と呼ばれたラマジェッツは、 誰もが羨むタイトルをバルサと共に制覇した : リーグ優勝6 (1947/48, 1948/49, 1951/52, 1952/53, 1958/59 、1959/60), カップ戦5  (1950 / 51, 1951/52, 1952/53, 1957/57 ,1958/59), エバ・ドゥアルテ杯2  (1948/49 y 1951/52), ラティーナ杯2 (1948/49, 1951/52) 、フェリアス杯 2  (1957/58 、 1959/60). 更に、スペインリーグで最も失点数の少なかったGKに与えられるサモラ賞 を5回(1951/52, 1955/56, 1956/57, 1958/59 . 1959/60)獲得した。

ロセイ会長「今日はバルセロニズムにとって、とても悲しい日だ」

サンドロ・ロセイ会長は、この訃報を受けて「今日は、バルセロニズムにとって、とても悲しい人だ。バルサのシンコ・コパス(5冠)の時の医大なGK、アントニ・ラマジェッツのような伝説が去ったのだから。彼の存在は、ジェネレーションを超えて、敬意を受けてきた。常に選手の目指すべき指針だった。人としてスポーツマンとして、ラマジェッツが与えたものは多く、彼がこのクラブを大きくした・・・この痛みを伴う瞬間に、ご家族に心からお悔やみ申し上げ、私達からの励ましを送りたい」とコメントした。

試合前に黙とう

アントニ・ラマジェッツの逝去を悼んで、グダニスク戦で選手は喪章をつけてプレーし、試合前に1分間の黙とうを捧げる。

また、ポーランドに遠征しなかった代表選手は、やはり、午後の練習が始まる前に、この訃報を知り、1分間の黙とうを捧げた。、

上に戻る