fcb.portal.reset.password

Messi i Neymar, junts durant la presentació de l'equip al Trofeu Joan Gamper / FOTO: GERMAN PARGA

2013年8月最初のトップテンニュースを以下にまとめて、総括する。

7月29日(月)

タ タ・マルティノとネイマールが、FCバルセロナの新メンバーとして、プレシーズン、トップチームの練習にデビューした。また、コンフェデレーション杯に参 戦していた代表選手、バルデス、ピケ、アルバ、イニエスタ、セルヒオ・ブスケッツ、チャビ、セスク、ペドロ、アウベス、ネイマールが練習に加わった。

7月30日(火)

バルセロニズムは、クラブの伝説、元GKのアントニ・ラマジェッツの逝去という悲報を受け取った。89歳でこの世を去った伝説は、バルサのユニフォームを着て、473試合を戦い、6回、リーグ優勝を果たした。

7月31日(水)

FCバルセロナは、ポーランドに遠征し、プレシーズン三度目の親善試合を行なった。対戦相手は、レヒア・グダニスクであり、スコアは2対2のドローに終わった。

レヒア・グダニスク戦は、バルサのユニフォームを着た  ネイマールのデビュー戦 でもあった。フィジカルを要求されるタフな試合で、ネイマールは約15分間、プレーした。

第二回 フィエスタ・バルサ がジョアン・ガンペル・トロフィーで開催された。また、XXXIV回ペニャス・世界コングレスの開催とも重なった。

8月1日(木)
ユース育ちの クリスチャン・テジョ が2017/2018年まで、契約更新をした。契約破棄金は2500万ユーロに設定された。

8月2日(金)

FC バルセロナとブラジルのサントスが、48回ジョアン・ガンペル・トロフィーで戦い、バルサは8-0の大量ゴールで試合を制した。

8月3日(土)

バルサは、‘ピースツアー’により、パレスチナ 遠征を行なった。

8月4日(日)

‘ピースツアー’は、バルサを イスラエル まで案内した。

上に戻る