fcb.portal.reset.password

Abidal, en un partit contra el Màlaga. FOTO: Arxiu FCB

以下、我々クラブ公式ページはFCバルセロナがエリック・アビダルついて行なった声明を再現する。

エリック・アビダル選手の発言がレキップ紙のウェブページに掲載されたことを受け、FCバルセロナは「自分が病気治療中の数ヶ月、クラブは私への支払いをしなかった」とした発言から生まれた混乱を避けるべく選手と選手の代理人に連絡を取った。FCバルセロナは以下の点を明らかにする。

−クラブが然るべき形でフランス人選手がサインしていた契約の規定を守っていたという点で、両者の間で見解が一致した。

−2012年1月、病気を再発し、その後肝移植手術をすることになるエリック・アビダルに対しFCバルセロナは契約延長を提示する姿勢を示し実際にサイン。さらに契約延長のボーナスも出している。

−2012年3月にエリック・アビダルが病気を再発した時、クラブは契約の中で条項があった一方的に短縮するオプションを公使しなかった。FCバルセロナと選手は双方合意の上で医師の回復診断が出るまで契約を中断した。この間もエリック・アビダルは合意した毎月の支払いを受け続けていた。トップチームに再合流してからは選手年棒を基準にした妥当な額を受け取るようになった。

−契約が終了したため、クラブと選手はふさわしい形での清算をした。

上に戻る