fcb.portal.reset.password

サンドロ・ロセイとフロント陣/ FOTO: ARXIU FCB

サンドロ・ロセイは、FCバルセロナの会長として3年半務めた後、クラブを離れることになった。会長として過ごしたその3年半をエリアごとに分けて、改めて振り返る。

スポーツエリア

  • 就任中、クラブの全プロセクションを通してクラブに60タイトルをもたらした。  (サッカー10、バスケットボール10。ハンドボール 13、 ホッケー7、フットサル13、女子サッカー7 )
  • タイトルの中でも、FCバルセロナ史四度目のチャンピオンズリーグ、二度目のクラブワールドカップなどがある。また、ハンドボールでも欧州杯(2010/11) 、フットサルでUEFA杯 (2011/12)も獲得している。
  • 2011/12年には、クラブ史上の記録を作り、17タイトルを制覇した。
  • サッカーのトップチームに獲得した選手は、7人で、アドリアーノ、マスチェラーノ (2010)、アレクシス、セスク (2011)、ジョルディ・アルバ、ソング (2012)、ネイマールJr (2013)だ。
  • 2013/14年、トップチームの選手25人中17人がバルサユースからの選手だ。  2010年から、バルサの下部組織に 2450万ユーロをシーズンごとに費やしている。
  • 2011年、9百万ユーロを投資し、新マシア及びオリオル・トルトセンターを開いた。

経済エリア

  • 常にスポーツ面にプライオリティを置き、クラブの持続性を保証しつつ、緊縮政策を図り、同時に経済成長政策を実施してきた。
  • 2011/12年、4900万ユーロの記録的な経済メリットを手にし、 2012/13年、その経済利益は3200万ユーロに上った。
  • 負債を減らした。2010年6月30日の時点で 4億3千万ユーロだった負債は、2013年には3億3100万だった。
  • 2010年からクラブ施設の向上のために、3500万ユーロを投資した。
  • 2160万ユーロで売却した練習場を取り返し、ミニスタディの全不動産売却を差し止めた。
  • バルサブランドはサッカー界でナンバーワンであり、ユニフォームは史上最高の売れ行きを記録している。

ソーシャルエリア

  • FC バルセロナは、独立しながら、社会に溶け込み、社会と双方向に向いているクラブであることを示した。、
  • ソシオがクラブの真の所有者であることを強化した。
  • その意味で、規約をソシオの力を強化し、クラブの経営管理を保証するためのメカニズムとして、ソシオにより力を与える方向に変えた。
  • 年間会員のウェイティングリストを充実させ、この9年間で初めて361人を登録し、また、14人の身体障がい者の登録を行なった。
  • 調査及びペニャ(公式ファンクラブ)のアップデートを行ない、現在では、世界中に 138.454人のペニャ会員 1.354のペニャを抱えている。
  • ここで、プロジェクトXXIと共にサポータームーブメントを再編し、公式ファンクラブに受け入れられた。
  • 新しいソーシャルエリアにニューテクノロジーを取り入れ、以前のピカデロを1年前にリニューアルして、OAB、OAP、OAEの充実を図った。
  • 会長選挙の公約通り、年間チケットの価格をあげなかった。
  • 2.0の分野で、クラブは、あらゆるソーシャルレッド (Facebook, Twitter, YouTube, Google+, Tencent Weibo, Instagram, Line)でトップを誇っている。とりわけ、Facebookは、3年半の間に、フォロワーを240万から5200万にまで増やす最高の成長率を見せた。

上に戻る