fcb.portal.reset.password

Els jugadors, aixecant la Lliga. FOTO: VICTOR SALGADO - FCB

Fernandao, en una acció del partit. FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

Fernandao, durant la celebració del títol. FOTO: VICTOR SALGADO - FCB

最近のフットサル史の中でも、最高のゲームの一つとなった。最近、‘流行り’のこのスポーツを称えるにふさわしい試合だった。パラウ・ブラウグラナは、決して忘れることのない、魔法にかけられらような夜を過ごした。40分に及んだスペクタクルなゲーム、5回の延長戦にPK戦を超えて、ようやくリーグチャンピオンが決まった。アドレナリンがあふれ、限界まで感情がバウ初した末、ジョルディ・トーラスが優勝を決定づけるPKを決めた。歓喜の爆発。素晴らしい瞬間を分かち合うこのスポーツというものの偉大さを感じる時間だった。バルサ・アルスポルトにとっては三度目のリーグ優勝であり、その歴史において、三度目のリーグ制覇だった。

エル・ポソが最初はコントロール

試合の最初はマルク・カルモナにとって悪夢のような時間だった。エル・ポソは、唯一、残されたオプション、積極的に勝ちに行く手段を迷うことなく選び、責めて来た。セダノのゴールは、試合のスタートと共に攻められ続けた。 まだ、1分間も経たないうちに、試合は0-1になっていた。バルサは目に見えてナーバスになっていた。再び、アドリがバルサのディフェンダーを抜いて、4分に試合は0-2になったが、そこからバルサの反撃が始まった。

応えたフェルナンド

何度も明白なチャンスを得ながらも、形にできずにいたが、ようやく道が開けたのはフェルナンドのおかげだった。そのクオリティと戦闘的な姿勢でフェルナンドが見事なゴールを決め、試合のスコアを1-2にした。パラウに再び、歓声が蘇った。 だが、バルサが積極的に仕掛け、ガブリエルがオーバーヘッドシュートを試すも、ハーフタイムの時点でスコアは変わらず、バルサはエル・ポソを追う立場にあった。

瞬間的なドローも

試合が再び、始まり、バルサは噛みつく勢いで試合をスタートした。他に方法はなかった。試合が始まるやいなやスコアはドローになった。試合 24分の時点で2-2になったのは、幸運だった。セルヒオ・ロサノがエリア正面からスペースを見つけ、GKラファの足元を抜いた。だが、その喜びは続けなかった。ミゲリンが見事な個人プレーからその1分後に試合を2-3にしたからだ。試合はチャンスに次ぐチャンスがありながら決まらないまま、最後の5分間に突入した。

ハイテンションの終盤

6.479人もの観客は、アルカルドが決めたドロー弾を 見るのに、35分まで待たなければならなかった。ガディタノとリンのワンツーから、バルサの‘2番’が心臓麻痺を起しそうな試合の同点弾を決めた。 そこからラストまではあらゆることが起きた。セダノがピッチを走り、ベベやウィルデまでゴールを決める寸前だった。最終的に決められた40分間が終了したが、試合はドローのままであり、5分間の延長戦が行われた。

延長とPK戦

延長戦での5分間、バルサは多くのチャンスを得たが、GKラファがその全てを阻んだ。ダイレクトプレーは殆どなく、両者とも不必要なリスクを犯そうとしなかった。だが、あと、50秒を残して全てが変わる可能性があった。バルサは6回、7回目のファウルを手にし、エル・ポソも二度のPKチャンスを得たが、最初はセダノが止め、二度目はポストに当たり、ムルシアのゴールが入ることはなかった。PKで全てが決まることになった。

PK戦の幸運は、バルサ・アルスポルトに転がった。クリスティアンがセダノに代わってゴールに立ち、ペナルティを止めた。決勝でサブだったマドリード出身のPKには、それだけの値があった。PKを止めた後、トーラスの決定的なゴールが訪れた。三度目のリーグ優勝をバルサが逃がすことはなかった。

上に戻る