fcb.portal.reset.password

www.fcbarcelona.co.id

FC バルセロナ は、8番目の言語を公式サイトを通して発信する。: www.fcbarcelona.co.id インドネシア語で提供される新サイトは、クラブが世界中のサポーターとサイトを通じて近づきたいと意図していることを改めて示す、大きな一歩になる。

サ イトのプラットフォームを完全リニューアルした後、ここに新たな言語を提供するのは、クラブが世界中の隅々にいるバルサファンの人々とその気持ちを分かち 合いたいという思いを明らかに示すものだ。カタルーニャ語、スペイン語、英語に続き、この一年以内の短期間に、日本語が完全リニューアルされ、アラビア 語、フランス語、中国が加わっている。 FCバルセロナのサイトが8言語で提供されているのは、クラブがデジタルシーンで国際的に認識されていることを示しており、実際、クラブの公式サイトは、 毎月、3300万人もの人々が世界中で利用しており、また、毎月、760万人もの新たなユーザーがサイトを利用していることが明らかになっている。

クラブをよりグローバルに近づけるために

「我々は、常に私達のファンがクラブに近付けるようにという意図で働いている。この新しいインドネシア語の開設は、それを示す証拠の一つだ。バルサがどのような日々を送っているかをインドネシアにいながら見てもらえるこのサイトの開設は、私達にとってほぼ義務といえる」とクラブの新テクノロジー担当幹部、ディダック・リーは話しており、また、「インドネシアのファンの方々が我々のサイトを本人の言語で読んでもらえれば嬉しい」と付け加えている。

新twitter: @fcbarcelona_id

また、新たな言語でサイトがオープンするのに合わせて、クラブはインドネシア語でのTwitter新カウントもオープンする。: @fcbarcelona_id バルサの最新情報をインドネシア語で知るためのツールだ。バルサのソーシャルネットは、1600万人ものユーザーを数えており、Twitterは下記の8言語: @fcbarcelona @fcbarcelona_cat @fcbarcelona_es @fcbarcelona_fra @fcbarcelona_jap @fcbarcelona_ara を提供している。クラブの公式ソーシャルネット上でも、最もアクティブなコミュニティの一つがインドネシアだ。実際、 バルサの公式 Facebookサイトを訪れる9,3%にあたるバルサファン (現在、全体にあたる4200万人中390万人) が、インドネシア人だという統計が出ている。

 

[[BOTOVERMELL::インドネシア語の新サイト++チェックするならココから::http://www.fcbarcelona.co.id/::HOR::::NO-TRACKING::::::]]

上に戻る