fcb.portal.reset.password

2013年ソーシャルスターアワード

FC バルセロナは、ソーシャルネット環境における世界でも、トップのクラブだとシンガポールのスターカウントがオーガナイズする 2013年ソーシャルスターアワード で認められた。これは、最近1年間におけるソーシャルネットの扱いにおいて、異なった分野での企業やパーソナリティを認めるもので、今年、ファイナルにチェルシーFC、レアル・マドリード、マンチェスターユナイテッドと共に残ったFCバルセロナが、最終的に受賞する運びとなった。

 2.0のデジタル環境において、世界的な指針であるクラブは、マリナ・ベイの授賞式であらたにそれを認められる形となった。ニューテクノロジーの責任者であるディダック・リーが、クラブの代表としてソーシャルスターアワーズの授賞式に出席した。

「この賞は、3年前にスタートした仕事における集大成です。競合が非常に強いため、ここまでくるのは非常に困難でした」とディダック・リーは、振り返り、「この受賞は全員のものです。試合ごとにバルサを無条件に応援してくれるファン、ユーザー、サポーターの一人一人のものです。私達がここに認められるに至ったのは、すべてそういった人々のおかげです」と断言した。また、「シンガポールでの受賞は、バルサが世界中で最も愛されているクラブだという例です」との考えを述べた。

一方、スターカウントの ジェネラルマネージャー、 ドロー・トムソン は、「非常に強い競合に囲まれているにも関わらず、FCバルセロナは他のチームと比べてその人気とソーシャルレッド上でのファンが示している情熱の強さで、群を抜いています」との考えを示し、「スターカウントは、バルサにこの賞を認めることを非常に光栄に思います」と述べた。

この受賞は全員のものです。試合ごとにバルサを無条件に応援してくれるファン、ユーザー、サポーターの一人一人のものです。

6500万人以上のファンがFCバルセロナをソーシャルレッド上で支え、そのバルサへの思いを、世界中で発信している。クラブは、 Facebook, Twitter, Google, YouTube 及び Tencent Weibo を運営しており、 公式インスタグラム、ピンタレストもスタートしている。

上に戻る