fcb.portal.reset.password

ビール‘エストレージャ・ダムン’撮影中のセスク/ FOTO: Damm

最近、4年間、「地中海的に」のテーマで広告を打っているエストレージャ・ダムン( Estrella Dammが2月のスポット広告の主役に、FCバルセロナのトップチームの選手、セスク・ファブレガスとバルセロナの著名な日本人シェフ、松久秀樹氏を主役に抜擢した。

この広告が生まれた発端は、FCバルセロナでのスポンサーでもあるエストレージャがセスクの大好物が日本食のお寿司であることを知ったため、今まで想像したことのなかったようなものに招待しようと考えたことから始まった。

暖かな冬の一日、漁師船に乗ったFCバルセロナの選手、セスク・ファブレガスと友人であり、著名な日本人シェフ松久秀樹氏は、釣れたばかりの新鮮な海老でお寿司を作り、エストレージャ・ダムンビールと共にふるまうという一足早い地中海の食事を楽しむ。

普通の冬の一日が、瞬く間に特別な日に変わっていく瞬間だ。

エストレージャ・ダムンは、この新しい広告でを通して、地中海が与えてくれる警官や文化、伝統といったものが私達を作り出し、それは美食と共に一年を通して楽しめるものなのだといった概念を表現している。

広告の中で使われている音楽は、この広告のために特別に作成されたハバネラの‘美しきローラ’の英語バージョンだ。

地中海のビール、エストレージャ・ダムン(Estrella Damm)

FCバルセロナの‘プレミアム・パートナー’であるエストレージャ・ダムンは、現在、国際的な成長を遂げており、世界の47か国で提供されている。今回、その地中海のコンセプトと共に、国際的な経歴を持つ、FCバルセロナのカタルーニャ人選手、セスク・ファブレガスと世界的な知名度を誇る日本人シェフの松久氏とのコラボを通して、より、国際的に広がることを期待している。

この広告は、イギリスでも放送される予定になっている。イギリスは、セスクが8年間、プレーしていた国であり、数年前からエストレージャ・ダムンも市場に出回っている。

上に戻る