fcb.portal.reset.password

「ニューテクノロジーとソーシャルネットは、将来、成長していく上で唯一の道であり、決定的なものです」とサンドロ・ロセル会長は、明言した。これらのコメントは、 CNNニュース がFCバルセロナを取り上げたリポートを構成している一部だが、この世界的に有名なアメリカのテレビ局は、FCバルセロナをテクノロジーや携帯アプリの観点から、FCバルセロナが世界の指針になるクラブであり、特にこのスポーツの世界で、イニシアティブをとり、大きな改革を促している FCBアプリプログラム について強調しつつ、ニュース内で取り上げた。

モバイルワールドコングレス2013 がバルセロナで開催されていたが、これはバルセロナが‘モバイル都市’に選ばれたからであり、そこでFCバルセロナのようなクラブが、サービスとコンテンツを世界に向かって発信するという役割を担っているのは、CNNいわく、クラブが‘アプリ’環境で、そのサービスとエンターテイメントにおけるオファーを拡大しており、世界の指針となっているためだ。

FCB アプリプログラムの重要性

 クリスティー・ルー・スタウト 記者は、リポートの中でクラブがモバイル環境に適したデジタルサービス及び商品を通してソシオやファンとの距離を縮めようと積極的に働きかけていることを高く評価した。世界で何百万人という視聴者がいるCNNだが、その番組の中で、特に公式新製品を生み出すために、若手の企業や開発者の指導のもと作られているFCB アプリグログラムについて、協調した。ディダック・リー は、今後、FCBフィットネスといった‘アプリ’の販売を予定していることを明かした。

バルサは2018年まで、バルセロナでの‘モバイル’都市のイメージを定着させるために、積極的に活動している。それは、ソーシャルレッド上での取り扱いにおいて、世界の指針となるというだけでなく、モバイルシーンを通じて、いかにして、バルサという思いを世界に伝えるストラテジーを推進するものだ。CNNの今回のリポートは、バルサのテクノロジーを駆使したステラテジーを定着させようと積極的に国際的な活動を続けているクラブの働きが認識されたことを改めて示すものとなった。


上に戻る