fcb.portal.reset.password

バルサ・インテルスポルトのキャプテン ビクトル・トマス Interport /Photo Archivo FCB

FCバルセロナの他のスポーツセクションは、今週末、それぞれの成績を残したが、中でもハンドボールは、無敗記録を誇っていることは、筆記に値する。

ハンドボール

ソルハインド・セドリッチを中心するチームは、今季、リーグ戦を15試合重ねているが、今まで全勝を誇っている。今週末、バルサのプレーヤーはアウェー戦だっが、グアダラハラを相手に再び、勝利をあげた(22-34)。フアニンは7ゴール目を決めて、現在、大会の最多得点王だ。

バスケットボール

チャビイ・パスクアル率いるバスケットは、グラン・カナリアを前に敗れた(81-69)。バルサがカナリアス諸島で黒星をあげるのは、8シーズン中7回目になる。とみっちは15得点をあげ、バルセロナ・リーガルFCの最多得点を得た。

フットサル

試合がスタートして最初の2分で、試合は既に白熱していた。ムルシアが先制点を獲得したものの、すぐにリアクションを起こしたFCバルセロナは、5分にはアリ、イゴール、ロサノのゴールで反撃し、リンがバルサの4ゴール目をマークした。

アイスホッケー

ガビ・カイロの率いる選手達は、ポルトガルで行われたヨーロッパ・リーグでドローを喫した。二度に渡って先制されたが、トラが44分に決めたゴールのおかげで、貴重な勝ち点1点を手にした。

上に戻る