null

Luis Enrique, sentado en el banquillo del Camp Nou / FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB

1970年5月8日、ヒホン生まれ。ルイス・エンリケは、セルタ・デ・ビゴで率いた後、タタ・マルティノの公認として、2014年5月にバルサのトップチームのベンチにやってきた。

36才の若さで、監督として資格をとった。共に資格をとったメンバーには、ジョセップ・グアルディオラ、ギジェルモ・アモール、セルジ・バルジュアン、アルベルト・フェレルなど著名な元選手が並んだ。このようにして、バルサ・アスレティックを  2008年の6月に率いることになった。当時、2部BにいたバルサBをペップ・グアルディオラから変わって担当した。 

ベンチでは、かなり、成功を収めており、2008/09年は、苦労の末、昇格は叶わなかったものの、2部Bで5位に終えた。その翌年、セルジ・ロベルト、マルク・バルトラ、マルティン・モントヤ、ジョナサン・ソリアノ、ティアゴ・アルカンタラなどの若手を起用して、昇格を果たし、彼らと共に2部Aで2位に終わった。

La guinda llegó la temporada 2010/11年は、ルイス・エンリケが2部Aにおいて、勝ち点71点(20勝11分け11敗)という史上最高の点数を手にした年であり、その都市、ベティスとラヨ・バジェカーノに次いで、3位に終わり、グラナダと共に昇格を手にした。

この素晴らしい達成後、アストゥリア出身の監督は、国を超えて、‘カルチョ’の中でも最も重要なクラブの一つ、AS ローマを率いることに決めた。バルサからレンタル移籍していたボジャン・クリキッチも配下にいた。そのシーズンをリーグ戦の7位におわり、イタリア杯では、準決勝で破れ、2011/12.年のヨーロッパリーグは、グループリーグで終わった。

一年間、どこのチームも率いることなく過ごし、 2013/14年、ルイス・エンリケは、再び、スペインサッカーに戻り、セルタ・デ・ビゴの指揮をとった。そこにはやはり、バルサからレンタルで来ていたラフィーニャや元バルサのフォンタス、ノリートなどがいた。最終的な成績は、かなり、良いものであり、リーグ戦では見事9位に落ち着き、そのやり方と勝者のパーソナリティに周囲から多くの賛辞を浴びた。 

サッカー選手として、ルイス・エンリケは、チェイトサ、ラ・ブラニャでプレーし、その後、プロとしてスポルティング、レアル・マドリードでプレーしてから、 1996年の夏にボビー・ロブソンの率いるチームに移籍してきた。ルチョはベルナベウからやってきたが、その適応は早く、バルセロニズムにとって、最も愛された選手の一人となり、その熱く闘争精神の激しいスピリッツは、バルサカラーに染まり、ルイス・エンリケは、バルサのキャプテンマークをつけるまでになった。バルサでは、2004年までプレーし、今でもプレーしているシャビ・エルナンデスやアンドレス・イニエスタとロッカーを分け合った。