null

このスイス人は、スポーツマンの理想像でした。ジョアン・ガンペール(1877年(スイス、ヴィンタートゥール)~1930年バルセロナにて没)は、水泳、ラグビー、自転車、陸上、とりわけフットボールの才能に優れた選手でした。 1898年、バルセロナにやってきたガンペールは、サン・ジェルバジの通りでフットボールを練習し、1899年にはバルセロナでフットボールというスポーツが行われるようになりました。

彼はクラブの創設者でありチームキャプテンでしたが、会長職に就いたのは9年後です。 そのプレーのレベルは他の選手を凌駕し、多くの人々がその個人技に驚きの声をあげました。 フォワードだったガンペールの得点ペースは、現代では考えられないものです。

選手としてのキャリア

- クラブ所属シーズン: 1899~1903年
- 出場試合数: 51
- 得点数: 120
- タイトル:
マカヤカップ1901-02
バルセロナカップ1902-03