null

フランスのスポーツ紙を手にガンペル氏

ガンペールは、出身地に関係なくすべての人々に開かれた組織作りを目指しました。 社会団結の手段としての役割を果たす、誰もが率直に話し合えるクラブを構想し、会員がまったく制約を受けずに運営できる民主的な組織を作りました。 自分を暖かく受け入れてくれたカタルーニャという国に対する感謝を表すため、ガンペールはFCバルセロナにカタルーニャのアイデンティティを第一とする理念を吹き込み、それ以来クラブの伝統となっています。

カタルーニャのアイデンティティ、民主主義、多様なスポーツ、普遍性というガンペールの当初の価値観が、今日でもバルサの存在意義であり続けています。