null

1988年にクライフが監督に就任すると、再びスペクタクルなフットボールとタイトルが戻ってきました。 ヌニェス会長を中心とする理事会は、観客を熱狂させる優れた選手によるチーム構築を重点に置きました。 カンプノウは再び満員になり始めたのです。


FCバルセロナは、1990年から1994年にかけてリーガエスパニョーラ4連覇を果たします。 この時期の頂点は1992年のヨーロッパチャンピオンズカップ優勝であり、ワンタッチプレーを多用した攻撃的スタイルと、クライフに率いられた選手たちの勝ちきるメンタリティが結実したものでした。

ヨーロッパフットボールの「ドリームチーム」と呼ばれ、クラブの歴史で語り継がれる忘れ得ない選手たちには、
スビサレータ、バケーロ、ベギリスタイン、ラウドルップ、クーマン、ストイチコフ、ロマーリオ、エウゼビオ、ナダル、グアルディオラ、アモール、フアン・カルロス、フェレール、ナンド、フリオ・サリナス、セルナ、アレサンコ、ゴイコエチェアが挙げられるでしょう。

クライフとアシスタントを務めたレシャックのコンビに率いられたチームは、とかく問題の多かった過去とようやく一線を画して、バルサは世界フットボール界のビッグネームとなりました。