null

1979年5月、バーゼルで行われたヨーロピアンカップウィナーズカップ決勝でバルサは初優勝を果たし、世界のビッグクラブのランキング上位に復帰しました。 これが、ジョセップ・ルイス・ヌニェス会長時代の最初のタイトルでした。
しかし1980年代には、戦績、スター選手の成績、スポーツとは関係のない問題が影響して、FCバルセロナの成績は浮き沈みを繰り返しました。

この10年間にFCバルセロナが獲得した名選手は、キニ、マラドーナ、シュスター、アレサンコ、フリオ・アルベルト、ウルティ、マルコスなどであり、また、まったく異なるフットボール思想を持つエレニオ・エレラ、ラテック、メノッティ、ベナブルズなどの監督を次々に起用しました。 また、前例のない高額の契約が行われ、テレビ放映権がクラブの財政に影響し始めた時期でもあります。 カンプノウの拡張と10万人を突破し激増した総会員数に伴って、クラブの規模は拡大しました。