Team photo from the forties

1940-1949. 忍耐の年

FCバルセロナ史の中でも、最も苦い戦後の数年間にあたった。クラブは、消滅寸前だった。ひどく弾圧され、軍事政権によってつかさどられ、変性を迫られていた。こういった状況は、選手にも影響し、アメリカの遠征ツアーに参加した選手はみな、二年間の休場の処罰をうけた。


選手らの多くは、海外に逃亡したが、紋章やクラブ名は変えなけえればならなかった。あまり、スペインらしくなかったからである。クラブの会長の任命は、スポーツ機関によって決められた。


それにもかかわらず、ここに名が残っている選手達のおかげで、50年代の時代は、希望をもたらすタイトルを獲得し始めることができた。多くのタイトルを制覇し始めることができた。多くの人々にとって、バルサの試合を見ることは、恐怖や抑圧に追われてきた数年からの解放であり、自由と言う名のオアシスを意味していた。