Picture of the crowd at Les Corts

ラス・コルツ

Picture of the gate to the old Les Corts stadium

1930 - 1939 歴史と戦いながら

FCバルセロナは、共和派カタルーニャ政府が主導する社会、政治および文化の革新にコミットしていました。 1932年10月の公式クラブニュースレターでは、 「クラブの人気には、明らかにスポーツとは関係のない要素が含まれている」と、クラブの立場が明確にされています。 政治的活動と文化的活動に参加することは、このコミットメントの一貫でした。

市民戦争が始まったとき、クラブの従業員はFCバルセロナが消滅するかもしれないという脅威に直面して、重要な委員会決定を行い、それが最終的にクラブを救いました。 それは戦争前の体制を維持し続けるという強い決意の表明だったのです。

1930年代に続いた政情不安と全般的な危機は、否応なくFCバルセロナに影響を及ぼしました。 その10年間でクラブは、創設者の死、第2スペイン共和制、スペイン市民戦争、会長ジョセップ・スニョールの暗殺などさまざまな激変に耐えなければなりませんでした。 端的に言えば、会員数は減少し、一部選手の契約も解除された不確実な時代でした。