null

1899年、フットボールなどの英国スポーツの人気がヨーロッパで高まったのを受けて、バルセロナに住んでいた数人の若い外国人がFCバルセロナを創設しました。 こうした背景が、クラブの多文化を包含するアイデンティティ、複数のスポーツの採用、バルセロナとカタルーニャに対する深い忠誠心の原点となっています。

クラブの設立はカタルーニャの人々がスポーツを楽しむことに興味を持つようになった時期と重なり、この社会状況とカタルーニャ特有の文化から近代レジャーの新モデルが生まれました。

クラブ創設者であるジョアン・ガンペールは、設立当初の25年間クラブの頭脳であり推進力でした。 彼のFCバルセロナに対する熱意は選手、理事、会長としての役割をはるかに超えていました。