null

ミニエスタティ

null

ミニエスタティ

15,276席を備える二階建てのスタンドに屋根付きのトリビューン席を備えたこのスタジアムは、わずか9か月で完工しました。


メインのスポーツイベント
ミニで行われた数々のマッチの中でも特に記憶に残るのは、1983-84シーズンの国王杯で行われた、当時バルサ・アトレティックと呼ばれていたバルサのリザーブチームと、レアル・マドリードのトップチームの一戦です。 第1戦を0-0で引き分けた後、第2戦で1-0という歴史的な勝利に終わり、バルサの若手選手の目覚ましい成長を印象づけました。 その4年後の1987-88シーズンには、アンダー19のバルサ対レアル・マドリードの試合で、スタジアムは再び満員に膨れ上がっています。

ミニでは、アイルランドやオランダなどを相手にしたアンドラの国際戦も行われました。 また2002年には、バルセロナ・ドラゴンズがミニを本拠地にしていました。 クラブの会長選出も伝統的にこの場所で行われています。


満員になったパリ中継
しかし、ミニエスタディでも記憶に残る感動的な夜と言えば、2006年チャンピオンズリーグ決勝の放映が挙げられるでしょう。 そのとき、FCバルセロナの勝利に酔いしれたヨーロッパのスタジアムは、パリのサンドニだけではありません。 このスタジアムを埋めつくした11,000人の観客が、劣勢を跳ね返してアーセナルを破り、2度目のトロフィーを手にしたバルサを巨大なスクリーンで応援していました。 FCバルセロナの素晴らしいサポーターの人々にとって、新たな忘れられない夜として記憶に刻まれた瞬間です。