カンプノウ

カンプノウは、1957年9月24日にオープンしたFCバルセロナのスタジアムです。この新しいホームスタジアムは、ハンガリー人選手、ラディスラオ・クバラの率いるチームの大人気により、48000人が収容できたラス・コルツのスタジアムが手狭になったために、建築されました。

99.354人終了できるカンプノウは、現在、ヨーロッパ最大のスタジアムですが、そのキャパシティは、時を追い、変化しました。開場当時の収容人数は、93053人でしたが、その数は、FIFAワールドカップを鑑み、1982年には、12万人と増大しました。その後、立ち見席禁止という新たな法規にのっとり、90年台の終盤にその収容人数は、99000人となりました。

詳細へ

パラウ・ブラウグラナ

パラウ・ブラウグラナでは、FCバルセロナのバスケット、フットサル、ハンドバール、ホッケーの公式試合及び練習が行なわます。1971年10月23日にオープンし、カタルーニャ人建築家のフランセスク・カバジェル、ジョセップ・ソルテラスによって、設計されました。

詳細へ

ミニエスタディ

1982年9月23日に開場したミニエスタディは、FCバルセロナの下部カテゴリーチームの試合を行なうためのスタジアムです。 15276人を収容することができ、その建設期間は、たったの9ヶ月間でした。現在は、バルサB、バルサの女子サッカーなどのチームの試合が、行なわれています。

詳細へ

シウダ・デポルティーバ

サン・ジョアン・デスピ(バルセロナ近郊外)にあるジョアン・ガンペル練習場は、プロチームが日々のトレーニングを積む舞台であり、クラブの下部カテゴリーのアスリートにとっては、公式試合が行なわれる場所でもあります。総面積は、136839 m2です。

詳細へ

ラ・マシア

ジョアン・ガンペル練習場内にあるFCバルセロナの将来のスター選手を育てている場所が、ラ・マシアの通称で呼ばれているオリオル・トルト育成センターです。そこに寝泊まりする選手にとって、快適かつ機能的に作られており、クラブの将来的なニーズに適応し、拡張が可能です。この新マシアは、2011年10月20日に設立されました。総建築面積は、6.000 m2です。

詳細へ

スケートリンク

FCバルセロナのアイスリンクは、オリンピックの基準で建設されています。このスケートリンクは、アイスホッケー及びフィギュアスケートの育成に使われています。また、一般にも後悔しており、ソシオには、ディスカウントも適用されます。.

詳細へ

エスパイ・バルサ

 エスパイ・バルサ(バルサスペース)とは? それは、ラス・コルツ一帯のFCバルセロナの全施設を変貌させ、サン・ジョアン・デスピの練習場敷地内に新しいミニスタディを作るプロジェクトです。カンプノウには、10万5千人、新パラウ・ブラウグラナには、11 000人が収容できます。 このエスパイ・バルサの改修プロジェクトは、2014年4月初旬に、ソシオから大きな支持を受けて、決定されました。

詳細へ

ソシオ・スペース

旧パラウ・ブラウグラナ2は、2013年3月にクラブ本部及び auditorio de 1899に生まれ変わりました。この由緒あるスペースを再利用し、サービスの向上を目指すことを目的とした空間です。

詳細へ