Supporters at Camp Nou

Social commitment

FCバルセロナは、カタルーニャの文化面、社会面でも指針となっている。開放的、包括的、互助的に、バルサは常にスポーツを社会的サービスの一環としても扱ってきており、それが‘クラブ以上の存在’にも、つながっている。こういった社会的責任、コミットメントを1994年に創設されたFCバルセロナ財団法人を通して果たしており、世界中の青少年にスポーツを通して多くの価値観を伝える役割を背負っている。財団法人は、FCBの社会的な顔であり、FutbolNet、 Barçakids(バルサキッズ)、 Joves Solidarisなどのプログラムやプロジェクト、 ‘Som el que mengem’(僕らは食べるもので出来ている)などのキャンペーンをユニセフやBill & Melinda Gates財団、Pies descalzos(裸足)財団、レオ・メッシ財団やネイマールJrインスティトゥートプロジェクトなどと協力して行ない、慈善プロジェクトを推進している。