null

バルサは自らのソシオ(会員)によって運営されているクラブであり、現在、そのソシオ数は160.000人、大半はカタルーニャに在住(91%)しており、カタルーニャ以外、スペイン (6%)、それ以外の地域(3%) にも在住している。

民主主義の組織として、会員が本来の所有者であり、運営フロンを含む会長は、開かれた形の選挙戦で、ソシオとバルセロニズムの意思が反映されるよう、クラブ運営陣が決定される。ソシオは誰もが同等の義務と権利を有しており、世界の多くのビッグクラブの中でも、バルサは民主的に会長を選ぶことができる数少ないクラブチームであることを明言できるのは、一つの誇りである。この独自のモデルによって、その効率性も運営の質もスポーツ面も、失われたことはない。